FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

仲間がエッセイ集出版

先日(9/24)、南日本新聞にエッセイ教室の仲間の榎園すま子さんがエッセイ集「絆」を出版されたことが大きく掲載されていました。
鹿児島市の作家・出水沢藍子先生に月に1度、鹿児島市から薩摩川内市にお越しいただき、珈琲倶楽部船倉で、エッセイ教室を開いています。彼女はその仲間のひとりです。
榎園さんは南日本新聞の「ひろば」への投稿20年の経験の持ち主。教室の仲間たちが彼女のエッセイ集を「人生の手本にしたい」というほど、心に響くものばかりです。     社会の在り方や人の命のこと、子供たちの未来について、異なる意見を受け入れる寛容さなど、筆者から学ぶべきことが数多くあります。
「今までの人生で支えてくれた人への感謝の思いを込めたエッセイ集」として、病気のご主人が描いた絵と題字が表紙を飾り、また小さなお孫さんたちの絵や手紙がエッセイ集のところどころに挿入され、愛に満たされた仕上がりになっています。榎園さんのふるさと、奄美南部の加計呂麻島にも行ってみたいという思いが湧き出るほど魅力的な本です。
自分の人生を一冊の本にして残すことはなんと素晴らしいでしょう。改めて感じています。
もし、私がエッセイ集を出版することがあるならば「お客さま物語」「友人物語」「社員物語」「師匠物語」「家族物語」「写真物語」「故郷物語」などをテーマにして書きたいと、とてつもないことを思い始めています。どんな素晴らしい体験や考えも書かなければ残らない。そのことを肝に命じ、実現の日を夢見て書きつづけていきたいです。仲間のエッセイ集出版に刺激と元気をいただいたところです。榎園すま子さんのますますのご建筆を祈ります。
ありがとうございます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する