FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回ひらさ北郷桜まつり

私共の珈琲ギフトの中には「天使の珈琲」「ありがとう天使の珈琲」「かんのん珈琲」「しょうが珈琲」などがあり、しあわせになる珈琲として多くの方に喜んで頂いています。

その中の「かんのん珈琲」の缶ラベルは、女流日本画家で仏画家の北郷萌祥(ほんごうほうしょう)先生が描いて下さっています。通常のイラストと違い、専門の仏画家北郷先生の想いが込められていて、多くの方にご利益があると喜びの声を聞いています。

北郷家は島津家の異姓分家で、16世紀末に北郷三久が平佐城主として、都城から平佐に移封してから川内駅周辺には長い間、平佐城の歴史の変遷がありました。15代北郷光久の長女の北郷萌祥先生は、先人たちが作り上げた歴史を語り合い、子供たちへと語り継ぎながら、地域の教育や文化保存へと発展させたいという想いで「桜まつり」を始めたと聞きます。平佐町の北郷家の墓地群は市の文化財にもなっています。桜満開の頃に開催される「さくら祭り」には地域の方々はもちろん市内外からも多くの方が来られています。 
オーガニック野菜、お好み焼き、珈琲、紅茶、本、陶芸品などの出店と、舞台ではコーラスや万葉の歌、薩摩川内おどり太鼓、日本舞踊、バンド演奏などが披露され、歴史家の原口泉先生、東川隆太郎先生の講演も毎回好評です。
今年は第10回の区切りの年。さらに喜ばれる企画をたくさん準備しています。
午前の部は「庵ノ城広場」、午後は「平佐西小学校の体育館」で行われます。
今年はNHK大河ドラマの「西郷どん」で鹿児島のみならず、全国的にも大盛り上がりで、歴史愛好家が急激に増加しています。出水市出身の歴史家・桐野作人先生も東京から来られ、東川先生との講演と、「子供たちからのQ&A」は見逃せない今回のビッグイベントとなるでしょう。
今年は「ひらさ北郷桜まつり」と名称を改め、4月1日(日曜日)に行われます。
私共は「かんのん珈琲」をたくさん準備しお待ちしています。
10出店と、音楽や踊りなど13の芸能、そして歴史タイムをたっぷり楽しんでいただきたいと願っています。

ありがとうございます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。