メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうの奇跡を願いながら

DSC05173.jpgDSC05282.jpg 小林正観著「正観さんと『わたしたち』のモノがたり」が2月14日に発行されました。小林正観さんは旅行作家で心理学博士。日本全国から依頼され、年に300回以上も講演をされたこともある方です。私共も15年間で15回の講演を主催しました。残念ながら5年前に他界されましたが、50冊以上もの著書は、今でも多くの方の愛読書となっています。亡くなられても「正観さんとの思い出」の本が数冊発行され、遺された訓えは人の心を揺さぶり続け、今なお人気は衰えていません。
 この度、発行された本には、私も寄稿させていただきました。全国に「うれしい・たのしい・しあわせ」という頭文字をとった「うたしショップ」があり、そこではありがとうと書かれた「ありがとうグッズ」が販売されています。今回の著書には、うたしショップの方々と正観さんとのなれそめが書かれています。私共もうたしショップをやっており「ありがとうハンカチ、ありがとうろうそく、ありがとう財布や書籍」などを販売しています。そして私共からは「ありがとうの天使の珈琲」を全国のうたしショップに提供しています。「ありがとうの天使の珈琲」は正観さんに提案していただいたものです。ギフト用の缶ラベルにはありがとうの文字がぎっしり書かれています。ありがとうの文字や言葉があるところにはすばらしい奇跡がたくさん起こるということで当店では代表的な「しあわせになる珈琲」のひとつとなっています。
 正観さんにはたくさんのしあわせになる法則を教えていただきました。バレンタインデーに発行されたこの本は、正観さんへのラブレターのように思えます。恥ずかしながら自分の書いた文章を読んで涙しております。
当店は今年30周年を迎えます。お客さま、業者のみなさま、スタッフなど多くの方に支えられて30年間営業することができました。感謝の気持ちを込めて今年の感謝フェア(3月、7月、11月)では「天使の珈琲」と「ありがとうの天使の珈琲」を2割引きで提供したいと考えております。珈琲豆はモカの最高級品のイブラヒムモカを使用しており、“天使が贈るしあわせになる珈琲”をこの機会に堪能され、“しあわせ配り”に活用していただきたいです。

「珈琲の香りの中で『ありがとう』とつぶやき耳をすませると正観さんの声が聞こえてきます。『もっと感謝しなさい』『もっと、あなたが輝けばいいのです!』と。正観さん、ありがとう、あいしてます。」(「正観さんと『わたしたち』の楽しいモノがたり」の船倉ページより)
ありがとうございます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。