fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

嬉しい悲鳴 968点

「第8回珈琲のあるコンテスト」は4月30日に締め切らせ頂きました。締め切り2週間前に250点の応募、今年は500点かな?600点までいってほしいなと思い巡らせていました。_DSC9932.jpg締切1週間前に500点、最後の3日間は毎日100点を超える作品が届きました。メールで応募された方は深夜12時ぎりぎりに、最終日消印の郵便での応募は5月4日までにすべて届き968点になりました。応募者の熱い熱い思いが伝わり、受け取る私共も興奮状態でした。
過去8回の募集の中で2番に多い数となりました。当初、本審査は6月2日の予定でしたが、一次審査員が読み終えられないかもということで、6月16日に延期になり、発表が6月下旬の予定になりました。嬉しい悲鳴です。
一次審査には仙台市と鹿児島市の審査委員と私共夫婦の4人が審査に当たります。4月末から毎日エッセイを読み続ける日々です。通常の仕事をしながらの審査です。仙台市の審査委員は睡眠時間を減らし、鹿児島市の審査委員は出勤前、夕食を作る前、就寝前を時間のやりくりして読んでいただいています。私共は早朝と夕方の時間を活用しています。4人の各査委員がノミネートした20点を集計し、二次審査で約40点にまとめ、最終審査に上がってきます。
今年は例年になく若い方の応募が多いように思えます。また家族との思い出を綴った作品が圧倒的に多く、珈琲が家族と過ごす時間と密接に関わっている証に思えるということが現在の審査委員の感想です。
 珈琲が色濃く、人生に反映していることが、いつものことながら驚きであり、感動で、何度も涙したり、愛を感じるジョークに笑ったり、数多くの珈琲人生を共に感じさせていただいております。
私共のエッセイ応募には大事ないくつかの応募要項があります。今回もその要項に属していない作品が数点あり、とてももったいないと感じております。
①字数は700字以上800字以内
②1行20文字
③A4サイズであること(B4で応募されている方がおられました)
④ホッチキスでとめないこと(クリップはいいです)
⑤文字はパソコン文字かボールペン文字
弊社では応募作品をスキャンして県外、市外の審査委員に送信します。スキャン作業がスムーズにいき、見やすいように③④⑤は必須にさせて頂いております。次回の応募の際は要項に則って頂くようお願いいたします。
珈琲屋にとりまして、どの珈琲エッセイも心打たれるものです。が審査をしなければならないのが心苦しいところです。
今年は968点の作品の中からどの作品が最終の10点にノミネートされるのでしょうか。どきどきの鼓動が日々高まっております。
応募された方、コンテストに関わって下さるすべての方に心より感謝いたします。
ありがとうございます。


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する