FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

エッセイ公募中

_DSC9908.jpg_DSC9902.jpg 今年も第7回「珈琲のある風景」エッセイコンテストの公募が始まっています。今年はどんな作品に出逢うのでしょう。すでに届き始めたエッセイに序奏曲を聞いているような心境で、ドキドキし始めております。
 入賞者との交流は主催者にとりまして想像もしなかった贈物をいただくような思いです。
先月も一昨年船倉賞で入賞された千葉県在住の長野さまからお便りと他のコンテストで最高賞をいただいた、童話やエッセイが贈られてきました。お手紙には「船倉賞を戴いてから、創作意欲がむくむくと湧きあがり、プロの投稿家として残りの人生の全エネルギーを注ぎ込もうと決意しました。一日中パソコンに向かい、エッセイや童話、小説などを乱造し、投稿しています。入賞の回数も増え、最高賞も数回頂けるようになり、改めて、船倉賞で賜ったパワーに感謝申し上げます。」と嬉しいお言葉をいただきました。
「珈琲のある風景エッセイコンテストに入選して人生が変わりました」などとお言葉をいただくことが多いです。私共がやらせていただくことで、その方の人生に前向きに加担できたとしたら、それはとても有難いことであると感じます。
 第2回で「金賞」を受賞された当時高校三年生の笛田さんは大学の進路を考えるきっかけになられたと聞いています。「被災地の方隅で」という震災直後にエッセイを書かれ、第3回で金賞を受賞された佐藤さんはエッセイストになられ、船倉の審査委員を2年前から努めて下さっています。5回、6回と連続受賞された佐々木さん、プロのカメラマンの方々(3名)、そして鹿児島県種子島出身の長野さん。本来みなさんはエッセイの得意の方々なのでしょう。船倉入選後、他のコンテストで入選された作品を送って下さる方も多く、それも私にとりまして何よりの喜びとなっています。ここに書ききれないほどの繋がりをいただき、人生を豊かにさせていただいております。
 そして、さらに嬉しいことに、入選されないけれど、毎年応募くださる方もおられます。有難いです。

 書く事で、自分を表現し、形になることの喜びを感じて頂けたらと思います。、今年も皆さんの日常の中のほのぼのとした、珈琲のある風景をお待ちしています。
 写真は長野和夫さんの「家の光2月号」に掲載された「家の光童話賞」で優秀賞を受賞されたページと、届き始めている応募エッセイです。

ありがとうございます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する