fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

カップの贈りもの


エジプト旅行のお土産に「ツタンカーメンのカップ」をいただいたことがあります。
ツタンカーメンと言えば、黄金マスクをつけた少年王・ツタンカーメンのミイラが発見されてから、史上最も有名な王となったという伝説があります。
このカップは考古学博物館の隣で買ってくれたそうです。店内で箱からカップを取り出した時、常連様やスタッフもその気高い雰囲気に「おー」と驚きの声を上げたのを覚えています。このカップが船倉の仲間入りしたのはもう16年ほど前のことです。
カップの送り主は、京都宇治で老舗和菓子店「駿河屋」の女将をしている学生時代からの友人。仕事をこなしながら、旅行、エッセイ、歌舞伎などの趣味を徹底して楽しんでいます。海外旅行はこれまで35ヵ国以上で彼女の旅行の様子をエッセイに綴っているのを読ませてもらったことがあります。
そこには旅行で出会った人や海外の知人に会いに行ったことなどが多く描かれていますが、「密かな楽しみ」というタイトルでカップのことを取り上げていたことがありました。
そのエッセイの中で、「妹との初めてのオランダ旅行で、ゴッホミュージアムで、そこでしか買えないというひまわりのマグカップを自分の為に1個だけ買った。以来毎日、そのカップでモーニング珈琲を飲んでいる。飲むたびにアムステルダムの街が頭に浮かび、珈琲タイムを彩ってくれる。これはなかなかいいぞと思い、二年後、主人と再度オランダに行った時、鹿児島で珈琲専門店をやっている親友のためにデミタスカップをセットで買った。お店のお客さまが喜んで下さったようで嬉しかった。エジプトでは焼けるような暑さや、ボロボロのタクシーもいい思い出。ここでも親友の珈琲店のためにツタンカーメンのカップを買った。旅先でカップを買うことが楽しみになった」と書かれていて、なんと一編のエッセイに2度も私が登場していました。友人のご主人が「このカップは三千代ちゃんへ」と言われて即決まったことを聞いて、私もエジプトに一緒に行った気分になるほど感激しました。
当店では、英国のウェッジウッド、ドイツのマイセン、デンマークのロイヤルコペンハーゲン、イタリアのリチャードジノリなどのカップを揃えています。新しい柄が入ったらなるべく購入するようにしています。
幸せになる珈琲タイムにはカップの果たす役割は大きい思います。
今年はインスタなどでカップの投稿を始めました。ツタンカーメンのカップを取り上げたところ「そのカップで飲んでみたい」というお声がありました。
 お気軽にお好みのカップを選んで申し出ていただきたいです。
 今年も雰囲気づくりと味づくりを極めてまいります。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する