fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

35周年の年に

2023年も残りわずかとなりました。今年も珈琲倶楽部船倉をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

お陰様で、開店35周年という区切りを迎えることができ、「ありがとう」の想いを
オリジナルトートバッグで形に込め、多くの皆さんに喜んで頂くことができました。
長年ご支援頂いているお客様、どんな時も明るく動いてくれるスタッフ、こちらの要望に気持ちよく対応して下さる取引会社の皆様に改めて感謝申し上げます。

年頭に「ワクワクする年でありますように!」と祈ったところ、思いがけない贈物を頂きました。8月末に写真展「踊り子KOHARU」を開催することができたのです。バレリーナKOHARUさんの 20歳を祝し、10年間を追い続けた写真展。写真家のコーディネートや東京在住の友人でアートナビゲーターの方にキャプションをプレゼントして頂くなど、お力をお借りして開催できました。お客様、友人知人など多く方にご来場頂き大盛況のうちに終えることができたのも、珈琲店あってのことと感じた次第です。
来場者や関係者の温かい言葉や思いに接したことで、写真展を終え3か月たった現在も、心の中に宝石のような光るものが存在し続け、日々の力になっているのを感じています。写真展をできたことは大きな意味があったと確信しています。

さらに今年は、古希の同窓会もありました。同窓会当日、高校2年と3年時に書いたという自分宛の年頭所感を読む機会に恵まれました。全く記憶にありませんでしたが、文章の最後に「昨日、昨夜の事でなく今を真剣に生きたい」と書いていました。現在の私は「一瞬一瞬を意識して大切に生きたい」と思っているので、同じ思いであることに驚き、16歳の自分から再確認のエールを贈られたような思いがし、愛おしささえ覚えました。

同窓会では、写真係として任され、70名の集合写真を撮るという大役を果たすことができました。私が珈琲店を経営しているということで、同級生からの数多くの応援を頂きました。小、中学校での珈琲教室、焙煎機の導入、HP作成管理、スタッフのお母様などの深い繋がりなど数えあげたらきりがありません。
明けて5月には、口永良部島での中学の古希の同窓会が予定されています。こちらは少人数ですが、関東、関西からも参加予定で、早くも幹事として動き始めています。

珈琲倶楽部船倉が35周年を迎え、私自身も趣味の写真で初個展を開くことができたのは2023年。
今年も多くの方々に支えて頂き、繋がりに心より感謝致します。
年末を健康に心を配り、師走の日々をご自愛の程お過ごし下さいませ。
新しい年の足音を聞きながら。
良いお年をお迎え下さいませ。

関連記事

Comment

ウッキー says... "コメントありがとうございます"
いつも、注文した際に一言添えていただきありがとうございます。中毒になるほど珈琲が好きだったのですが、突然、珈琲が美味しく感じなくなり一切、珈琲を飲まなくなってしまいました。こんなことあるんでしょうか?
しばらくお茶にハマり、白米にハマり、やっと夏ぐらいからアイス珈琲が美味しく感じで、やっとまた、珈琲が美味しく感じるようになりました。
珈琲と言ってもセブンイレブンと船倉の珈琲しか飲めませんが。
また、お店の方で飲みたいなと思うのですが、なかなか行く機会がありません。
また、しばらくは自分で入れて飲む次第です。
2023.12.14 18:43 | URL | #DGBPGjLE [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する