fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

 一本の弦の上に

 先日の9月24日は、出水沢藍子先生のエッセイ教室開講20年記念と、そこで学んだ講座生のエッセイ72点を載せた作品集『らんたん』の出版パーティーが行われました。
2002年に奄美市で開講したのを皮切りに、鹿児島市内外で7教室を主宰、受講生は200人を超えるとのことです。
出水沢先生とのご縁は、ある出版パーティイーで隣り合わせたことから生まれました。当店の「珈琲のある風景エッセイコンテスト」を10年間主催し、5年目から先生に審査委員長をして頂くことになったのです。南日本新聞社の薩摩川内総局長とともに、毎年、国内外から1000点以上寄せられる作品の最終審査をして頂きました。コンテスト終了後は、「船倉エッセイ教室」の講師をお願いすることになり、鹿児島市から8年間、通ってくださいました。
南日本文学賞や新日本文学賞など、多くの文学賞を受賞、『マブリの島』や『銀花』などの小説集があります。現在は南日本新聞社の「新春文芸」や龍郷町の「たつごうエッセイ」の選考委員も務め、鹿児島の文学の一翼を担っている方です。
『らんたん』に収められている72のエッセイを読んで、表現の巧みさにうなり、勉強させられる日々です。
私は、昨年10月に93歳で亡くなった母との約10年間のやり取りを書きました。タイトルは「大きくなーれ」 。記憶力は低下していくのに、私の質問には的確に答えてくれ「珈琲の一杯一杯を大事にね。そうやってあなたは大きくなるのよ」という母の言葉を思い出して綴ったのです。
パーティーでは作家や南日本新聞社の文化部デスク、写真家や講座生の代表などの祝辞やテーブルスピーチがあり、愛情と感謝に満ちた挨拶に心打たれ、書く意欲が湧きました。
作品集「らんたん」は、台湾や長崎で夜空に放たれる「掲灯」のように、エッセイを書くことが灯になってほしいという願いを込めて名付けられたとのこと。
ここに名を連ねた私たちは「きょうだい」のようだと話された方がいましたが、私はバッハの「G線上のアリア」を思い出しました。年齢も性別も異なる人たちがそれぞれの思いを持ち、1本の弦の上に集まり、一つの曲を奏でていくイメージと重なる作品集「らんたん」は、私たちの人生の宝ものとも言えます。
出水沢先生の厳しくも愛情深い教えを糧に書き続け、自分らしい「らんたん」を灯し続けていきたいと、決意を新たにしたところです。
「らんたん」にご興味がある方は、珈琲倶楽部船倉でご自由にご覧いただけます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する