fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

ブラジルの晴子さん

 私の昨年9月のブラジル訪問のきっかけは「ブラジルに親友が二人いるので一緒に行きませんか?」と誘ってくれた友人がいたからです。ブラジルではその方の親友二人に大変お世話になり、今でも沢山の感動の余韻を味わっています。お世話して下さったお二人のひとり、大沢晴子さんが先月、チリに住んでいる10歳の孫、慶ちゃんと3週間の日本旅行をし、ディズニーランド、伊勢神宮、京都ぎおん祭り、厳島神社などを観光し、そして鹿児島に4日間滞在しました。鹿児島市の仙巌園、霧島の妙見温泉、地元薩摩川内市では世界一水車のある竜仙館でソーメン流しを体験し、また着物を着て写真撮影や同窓会など楽しまれました。
 晴子さんは倫理法人会のモーニングセミナーで「48年間のブラジル」を講演し、ブラジルでの苦労、ブラジル人や国の良さについて話しました。「少し自慢話を」と言われ、チリの山頂に東京大学が天文台を作る時、チリに住んでいる娘婿さんが誠心誠意尽力された行為を認められ、新しく発見された星に彼の名前が付けられたこと。また山頂から機材を降ろす時、村長の依頼で墓地の整地をし_DSC7961.jpg_DSC7831.jpg、ボランティアであった事で、村より個人名で感謝状を戴いた事など。
 慶ちゃんは御祖母ちゃんが日本で人々の前で話す姿を見て、さらに誇りに思ったことでしょう。ソーメン流しをとても気に入り、次回の日本訪問時も必ず体験したいと何度も繰り返していました。チリで平泳ぎ金メダリストの慶ちゃんの次回訪問は東京オリンピックの時でしょうか。
 晴子さんたちがブラジルに帰国し、最高の旅でしたと電話やメールが何度も届きました。昨年、私たちがブラジルから最高の満足と喜びを得て、帰ってきた時の想いと同じなのでしょうか。喜びが伝わる喜びを感じています。
 よきご縁と繋がりに改めて感謝したいです。
ありがとうございます。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する