fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

感謝と喜びの35年

お陰様で自家焙煎珈琲店をスタートし35周年を迎えることができました。現在の焙煎機は3台目でドイツ製プロバット12キロ窯を使用しています。今日も焙煎師は珈琲の生産地に思いを馳せ、生豆に語りかけながら焙煎をしております。
オープン当初から、自家焙煎珈琲をより多くの方々に知って頂くため、オフィス用珈琲メーカー無料リースを行い、月に500g以上飲んでいただくシステムを約30年続けました。官公庁、オフィス、店舗など150件以上のお客さまに利用頂きました。自家焙煎珈琲が浸透していることを肌で感じ、毎日、感謝と喜びをもって配達させて頂いた記憶が蘇ります。
オープンして10年後、経営方針や社員教育で試行錯誤している時、国際規格ISO
9001をすすめられ、認証取得しました。変化する経済状況の中でも、ぶれずにお客様第一に考えられたことは、私共の満足にも繋げることができました。
 地域の公民館、高校、中学、小学校などでは珈琲教室も開催しました。家庭での心和む珈琲風景に繋がるイメージができ、楽しい時間でした。
「珈琲のある風景エッセイコンテスト」を主催し、2019年の10回まで続けることが出来ました。毎年1000点以上応募がある珈琲エッセイをラブレターのように読める珈琲店のオーナーであることに、最高の喜びを感じた時でした。珈琲屋でありながら珈琲が人々にもたらす力に驚き感動したものです。
3年前に会社のロゴを変えたことは、覚悟がいる大きなチャレンジでした。店とオーナーのバックグランドを取り入れたレトロモダンのデザインは、愛されるロゴとして定着し、よき再スタートになりました。
珈琲ギフトは幸せを広げられると考え、オープン当初から企画に力を入れてきました。珈琲缶にイラスト入りラベルを貼った「天使の珈琲」「ありがとう珈琲」「かんのん珈琲」などは船倉ギフトの原点。現在は新ロゴのギフトセットをブランド化し、贈る方、受け取る方、船倉の三者が喜びの三重奏を奏でているような思いでギフトづくりをしております。
ネット通販も充実してきました。お客様の住まいの近くに珈琲豆店があるにも関わらず、送料をプラスしてのご注文に、毎日感謝を詰める思いで発送準備をしています。
お客さまから喜びの声を聞くことができることは何よりの喜びですが、こちらの不行き届きで迷惑をおかけしたことも数多くありました。クレーム対応係の私は、誠意を込めて対処してきました。こちらの不手際に対しても心遣いのお言葉をいただき、お客さまに育てて頂いていることに有難い思いでおります。
皆様とのご縁と繋がりに心より感謝致します。

関連記事