fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

つながりを大切に

明けましておめでとうございます。
年の初めに、新しい喜びの種をみつけ育てたいと決意しています。
今年は35周年の節目の年を迎えます。店内、船倉通信、SNSを通して皆さまとの「つながり」を大切に日々を重ねて参ります。
昨年末にお客様から嬉しいメッセージを戴きました。

「コロナ感染後、嗅覚、味覚障害の後遺症が出てしまい、医師から投薬以外に『香りがするものを嗅いで感覚を取り戻す練習』を勧められました。数日後、香りを感じ取ることができたのは香水でもカレーでもなく、唯一、船倉珈琲でした。全く何の香りもない世界に恐怖さえ覚える中、藁をもすがる思いで手にした船倉珈琲の豊かな香りが微かに感じられた瞬間は本当に涙がでました。」とお聞きし、私共も涙が出るほど感動を受けました。
また、昨年末にご主人を亡くした知人から「夫が最後に飲みたい飲み物は船倉珈琲でした。う~ん、いい香りだねと言って飲んでいました」とお聞きし、一口、一杯の珈琲の重みを感じています。

私共の珈琲がこのような形でお役に立ち、元気の素になれるのであるなら、これ以上のやりがいはありません。この仕事をやっていてよかったと改めて思った瞬間でした。 
また、夏冬の珈琲ギフトをお買い上げ頂くお客さまからも、「船倉さんとつながっていると安心です」という言葉に、つながりの大切さを感じています。

現在、店内にアンケート用紙を置き、多くの方にご意見、感想を書いて頂いています。
高い評価が多く、気が引き締まる思いですが、一方、ご指摘は有難い大切な学びにしております。今後も忌憚のないご意見を喜んでお待ちしています。

焙煎師兼カウンターマンのマスター、限定メニュー担当のパティシエール兼店長の元山、写真と文章力を発揮しているSNS担当でホールマンの折小野、器用さがピカイチのオールマイティの竹上、メキメキ力をつけているホールマン見習いの川﨑学生、経理担当で癒し的存在の寺薗。特にISO審査前は私の片腕として鮮やかに力を発揮してくれるITエキスパートの久保。
委託会社の支えを戴きながら、このメンバーで今年も「今、この時を大切に」雰囲気と味づくりに顔晴ります。
今年が皆様にとりまして、珈琲のある風景が笑いと喜び、癒しのひと時でありますようお祈り致します。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
 


関連記事