fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

10月のサントス

ブラジル特有の「テラローシャ」と呼ばれる肥沃な赤土に植樹された濃緑の葉が生い茂った珈琲の樹がパノラマ状に広がる珈琲農園。たわわに実る赤い珈琲の実。それを高台から一望したとき、さわやかな風がすーと吹き抜け「よく来れましたね」という声が聞こえたような気がしました。
念願の珈琲農園訪問はサンパウロで日系人が経営している農園。そこでは約100年前に使用していた精製場での機材、乾燥場などを見学しました。従事者の住まいでは珈琲器具とカマドを見て、当時の過酷な生活の中でも珈琲で癒されたひと時を垣間見ることができました。
1908年に第一回日本契約農民移民781名が、神戸港から57日かけてサントス港での一歩を踏み出しました。その移住希望者の中に鹿児島県出身者が172名もいたと聞きます。夢と希望を抱いて移住したものの、その後、血の涙を流したと言われるほど苦労を重ねたと聞きます。9年前のブラジル行きは珈琲に関わった先祖の苦楽を知るための旅でした。
友人から「ブラジルに薩摩川内出身の親友が二人いるので一緒にいきませんか?」と誘われて実現した珈琲農園とサントス訪問。
サントスの珈琲博物館では珈琲産業が一世を風靡した頃の写真と、100年以上前に使用された珈琲器具、珈琲で作られた石鹸などを見ることができました。日本人家族約40名が裸足で農園に立ち、馬に乗る指揮者と収まっている畳サイズの集合写真の前では、労働の大変さを感じ、思わず立ちすくみました。
日系移民は、勤勉な人という意味の「ガランチーノ」と呼ばれ、絶大なる信頼を得、現在も多方面で数多くの成功者がいます。
当店が仕入れている珈琲豆「サントス」は日系人トミオフクダ氏が経営するバウ農園で栽培されています。行き届いた農園管理と、良質の土壌で最高級のサントスを作り出しています。
現在のブラジルの日系人は約140万人、その数は世界でも最多であり、まるで親戚のような国。50年以上ブラジルに住んでいる、友人の親友の晴子さんが「ブラジルは気候もいいし若者は高齢者をいたわる、とてもいい国。ブラジルの良さを多くの人々に伝えてほしい」と何度も繰り返しています。
私が訪問した9年前の10月には「ブラジル鹿児島交流100周年記念式典」がサンパウロで開かれた、と聞き、鹿児島県人の私はブラジルとの繋がりを強く感じ、興奮した記憶があります。
日系の先達が、研究と苦労を重ねて育て上げたブラジルの珈琲栽培は綿連と引き継がれ、私たちは美味しいサントス珈琲を飲むことができます。ブラジルの風を感じながら、口当たりの柔らかい今月おすすめの「10月のサントス」をぜひ味わっていただきたいです。

関連記事