fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

四季の物語を

お客さまに常に新鮮な風を届けたい、そんな思いで、素人ながらアイデァを駆使し、店内のディスプレイを考えること数十年。
毎月雑貨店に通い、季節の小物やクロスを購入し試行錯誤を続けてきました。

7年前、知人の陶芸の個展会場で、ギャラリーの作品を引き立てながら、蔓を使用し自然を情緒深く表現しているのを見て、咄嗟にこのような方にディスプレイをお願いしたいと思いました。
その日から「aminoF」(アミノエフ)のコーディネーター宮永あけみさんとの、劇的ともいえるご縁が始まりました。

あけみさんは、京都で池坊45世家元の池坊専永氏より直接指導を受け、直伝教授の資格を取得し、また欧風スタイルの生活の中に活かすお花も学んでおられます。アーティフィシャルフラワー(ハイクラスな造花)で、飾花・ディスプレイ・レンタルフラワー等をこなされ、メディアでもフラワーアーティストとして注目されている方です。
弊社では季節に合わせた雰囲気で毎月ディスプレイして下さいます。あけみさんのディスプレイには、私共の想像を超えた季節感の演出や、遊び心が添えてあり、月ごとの物語が始まるようなときめきを感じます。

この1年間の主なディスプレイをご紹介します。
1月は金と赤を基調にした、新春の優雅で厳かな雰囲気、4月は、緑とミモザの花の中を爽やかな風が吹き抜け、新しいスタートの時を応援しているように、5月のテーマは「猫が昼寝する公園」、のんびりゆったりして、猫の国のお姫様になった気分を楽しむ作品。
7月は「南の島」をテーマに、自分の好きな島をイメージしながら海の風を感じ、リゾート気分を満喫してほしいという願いを込めて、9月は「秋の始まり」をイメージし、落ち着いた秋色、赤銅色の上質の「コッパー色」で物語が広がりそうな雰囲気。読書の秋にぴったりです。12月はもちろん心を弾ませてくれるクリスマス気分満載。店内のあちらこちらにかわいいサンタ、やさしいサンタが笑顔で話しかけてくれているようでワクワク感が止まらない。

明るくてパワフルなあけみさんが話し始めると、花から自然へ、カラーから風水へと広がり、話題は尽きません。 
心を込めて仕上げて下さるプロの想いと技はお客様にたくさんの感動を与えてくれています。

自家焙煎の美味しい珈琲とケーキ、そして、心身の栄養になりそうな雰囲気の中で、四季の風を感じ、皆様のしあわせ物語を紡いでいただけたらと思います。


関連記事