fc2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

一粒一粒を大切に

 地方育ちの私には、野の花も桜も生活の風景であり、特別な空間ではありませんでした。今は「さくら」という言葉を見聞きするだけで、心の中にやさしい光が広がる感じがします。
当店のカップ棚に「さくら」の花柄の珈琲カップがあります。こちらは、英国のウエッジウッド社が東京オリンピックを記念して作成した限定カップです。春だけのカップかと思いましたが、日本の象徴として作成されたと聞き、1年中使用でき、女性のお客さまに喜ばれています。
春は、桜のみならず、色とりどりの花々が咲き誇り、その生命力に魅せられ、心を和ませてくれます。

あらゆる業界で値上げが行われている中、弊社も4月から、価格改定に踏み切りました。
過去に、価格改定をした時、「今まで値上げをしないで頑張って頂き感謝します。贅沢はしない我が家ですが、珈琲だけはわがままを通してきました。これからはもっと大事に飲もうねと、夫と話しています」というお客様の言葉をいただいたことがあります。
ここ数か月、そのような皆様の気持ちを考えながらの価格設定に心を痛めておりました。
コロナ禍になった時、「珈琲豆が輸入できなくなるのでは」という不安が押し寄せ、商社に問い合わせをしたところ、年間契約しているので予約分は心配ないとのこと。それでは、次年度はどうなるのかと不安のままでした。その間、珈琲豆は物流の弊害、異常気象などで在庫が不足し、相場が暴騰してしまい、商社から新価格を提示されたとき、その上げ幅に驚きました。
それでも「珈琲豆を仕入れることができ、お客様に提供できる」だけでもどんなに有難いことでしょう。
中南米、インドネシア、アフリカなどの珈琲の原産地から、多くの人の手を経て届く珈琲豆の一粒一粒を大切に、私共にできることは美味しい珈琲と、よりよいサービスを心掛けることしかありません。
珈琲豆のみならず、材料費の値上げと共に、店内メニューも価格改定しているものもあります。ご了承くださいませ。
月のおすすめ珈琲と年に3回の感謝フェア(厳選4種割引)は20%OFFから15%OFFになっています。こちらも引き続きご利用下さいませ。
四季の花々を愛でながら、音楽を聴きながら、日常の一息に、皆様の「珈琲のある風景」に幸せをもたらすことができますよう、切に願っております。

関連記事

価格改定のお知らせ

冬季オリンピックは多くの感動とともに閉会しました。4年以上鍛錬し、美しく強い技で勝ち得たメダルは、価値高く栄えあるものです。また、予想だにしないトラブルが起き、失意の底にいるアスリートに対して、仲間や先輩たちの温かいエールの言葉に、何度も胸が熱くなりました。

さて、心苦しいですが、ここで値上げについてのお知らせをしなければなりません。
昨年からの仕入れ先の価格高騰、弊社の運賃負担の増加により、従来の価格を維持することが困難な状況となり、2022年4月1日(金)を持って、やむなく値上げをすることになりました。

国際珈琲相場は下記の原因により10年来の高値となっています。
《コンテナ不足》
コロナ禍に伴う、湾岸作業の停滞や、コンテナ不足による輸出や入荷の遅れ。それに伴う在庫不足による相場上昇。
《ブラジルの干ばつ,降霜による減産》
ブラジルでは昨年初より降雨が少ない状態が続いており、乾燥しすぎた珈琲の木は、結い珈琲の木は枯れてしまい、植え直すことにより、実をつけるまで2、3年かかるため、減産が数年続く見込みです。
《中米の多雨による減産》
昨年4月以降、コロンビアなどの中米で、例年より雨が多く、天候不順により、大幅な減産が予想されます。
《円安》
ドル為替は、2020年12月と2021年12月は10%ほど円安となっています。

また、送料に関しても、運送会社の値上げに伴い、私共の負担額が大きくなり、やむなく値上げとなり、重量別の価格となります。

私共は、この状況下でも、世界の珈琲産地の珈琲豆を仕入れることができることの有難さを
改めて感じております。
一杯の珈琲を喜んで下さるお客様のために、今後も精いっぱい美味しい珈琲づくりと、サービス向上に務めます。

なお、月のサービス珈琲と年3回の感謝フェアは20%OFFから15%OFFとし、継続いたします。
ぜひ引き続きご利用くださいませ。
先にDM等では20%OFFのご案内を致しておりましたが、ここに訂正し、お詫び申し上げます。
珈琲豆、珈琲ギフト、送料のほか、食材の値上げにより、食品、ご飲食メニューも改定させて頂きます。
以上のことをご理解下さいますように、切にお願い申し上げます。

関連記事