FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

笑顔のこだま

 春の花々が咲き誇る時です。
固い蕾から花びらが少しずつ開いていく様は心ときめきます。自分の中の何かが開花しそうな予感と重ねたりするからでしょうか。
今年も春の感謝フェアが始まっております。事前に「フェアがそろそろですね。どの珈琲豆が安くなりますか?」とお客様の問い合わせもあるほど楽しみにしていただいています。
 フェアお知らせのDMは約1300枚。葉書の表には「ありがとう印」を押し、裏には手書きで、感謝と祈りの言葉を添えます。
今回はスタッフ4名と分けて書きました。私は約200枚です。一人ずつ、できるだけコメントを変えるようにしています。
「ありがとう」の思いを書く時はいつも幸せに満たされます。「ありがとうを書き続けて30年」綺麗な字で感謝の気持ちを伝えたいと思うことは数えきれないほど。その為に書写も習いました。それでも書き終わった字を見て、がっくりです。まだまだ修行が必要です。
 今年も2月28日に国際規格ISO9001の審査を受けました。ISOを取得して18回目の審査です。毎年の審査前には1年間のまとめをします。その時は経営者として懺悔の気持ちで、反省をしています。そして具体的な改善に向けて取り組みます。こういうことの繰り返しですが、ISO審査のおかげで、不景気の時も店を維持できたかと考えます。
 毎回思うことは、審査員に恵まれているということ。審査会社は大阪のインターテック・サーティフィケーション様で、今回の審査員はベテランの美濃英雄さん。審査はもちろん、経営者の抱えている問題を深く掘り下げ、方向性を具体的に明らかにするようアドバイスして下さいます。審査時間は緊張しますが、充実した時であり、新たな魂を入れていただいたような時でもあると感じます。
年に一回の審査をさらに成長と繁栄に繋げたいものです。審査が終わり、やっと店の新年がスタートしたという思いです。 会社方針をレベルアップして、お客さまの「笑顔のこだま」をいただけるように、スタッフと満開の笑顔を咲かせていきます。
 今回の春の感謝フェアのテーマは「しあわせづくし」。しあわせに溢れる雰囲気づくり、味づくりにいそしみます。
 夢広がる春のスタートでありますようお祈りします。
ありがとうございます。


関連記事