メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイ公募締切迫る

 「第9回珈琲のある風景エッセイコンテスト」の応募の締め切り4/30(当日消印有効)が迫っております。
現在500数点のエッセイが届いています。毎日、多くの応募作品を受取り、応募者の熱意が伝わり興奮ぎみの日々です。
 審査には1次、2次、3次審査があり、7名の審査委員が関わって下さいます。
 私も応募作品を読み始めました。頭の中は素敵な珈琲ドラマが繰り広げられ、封筒珈琲店オーナーとしては最高に満たされた時を過ごしています。
・大切な人との珈琲の思い出
・自分と珈琲とのつながり
・遭遇した珈琲風景 など
この機会に人生の1ページを収める想いで書いてみませんか?

・金賞(1名)賞金5万円 ・銀賞(1名)賞金3万円 ・銅賞(1名)賞金1万円
・南日本新聞社賞(1名)賞金1万円 ・船倉賞(6名)賞品

珈琲店が主催する名文を求めないコンテストです。
皆さんのほのぼの珈琲風景をお待ちしています。
ホームページより応募規定をご覧になって応募ください。
まだまだ間に合います。

関連記事
スポンサーサイト

ゆめ かなう

DSC08781.jpgDSC08796.jpg 春は人生の大きなターニングポイントともいえる時期ですね。卒業、入学、転勤による転居などの話をお聞きするだけで心躍る思いがします。
当店でも「お世話になりました」という言葉を添えた珈琲ギフトがピークを迎えています。
人生は人と人との出会い、縁によるつながりによってその人の人生が決まるとまでいわれます。その縁の重みを感じるこの時期に、船倉の「しあわせになる珈琲」をご利用頂けることが私共の大きな喜びです。
「ゆめかなう」エピソードをひとつ紹介します。3月20日に種子島から中学を卒業したかわいいお客さま4名が来店されました。引率したのは私の従妹。彼女は英語塾をしています。塾生は3年前から月に500円ずつ貯金し、受験に合格したら、薩摩川内市の珈琲倶楽部船倉に行くということを夢みていました。生徒たちは船倉のホームページを調べ、店で何を食べようかとわくわくした日を過ごしていたようです。この日は夢実現の日。
夢の対象となっている私共は15歳の生徒たちの期待に添うため、期待を裏切らない為にどのように迎えたらいいのか考えました。色々な案が出た結果、それぞれの名前をいれたメッセージを「ゆめかなう」というタイトルでスタッフが作ることになりました。「今後の人生も心に鮮明に描いた夢は全て実現するでしょう」というコメントが入り、ドアが開こうとしている写真入りのものです。サンドウィッチの皿に乗せ「ウェルカム!」と言いながら提供し喜んで頂きました。マスターは3月の限定メニュー5人分を大皿にのせて、スペシャルメニューで歓迎しました。
数日後、帰島した子供達から船倉訪問の感想をいただきました。「三年間の貯金も長かったけど、南埠頭に着いてからの薩摩川内市も遠かったです。店に行く前日は楽しみで眠れませんでした。実際に行ってみて、外観もすごくお洒落で、店に入ったら期待以上に珈琲の香りがいっぱいして感動しました。カウンター棚には珈琲カップが沢山置いてあって、ランプがお洒落で、お客さまも皆楽しそうで素敵な雰囲気だと思いました。トイレの大きな水晶も綺麗で興奮しました。クロワッサンサンドも初めて食べて、凄く美味しくて、絶対また食べたい!と思っています。デザートもすごくかわいくて、ついつい写真も沢山撮りました。楽しかったです!3年間、貯金を頑張ってよかったと思いました。お土産に珈琲豆を買ったら、皆が美味しいと気にいっています。ありがとうございました!みんなでまた行きます。」      
人生の悲喜こもごもを感じるこの時期だからこそ、私共も「ゆめかなう人、こと」をそばで感じる事ができ、しあわせを共感できるこの仕事に従事して良かったと思える時です。
皆さんのこの春のスタートが、より喜び溢れるものでありますようお祈りします。
ありがとうございます。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。