FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

「今、ここに」

7月25日は当店のオープン記念日です。お陰様で33周年を迎えることができました。
長年、ご支援下さるお客さまに改めて心より感謝申し上げます。仕事を通して多くの出会いをすることができましたこと、感慨無量です。
数多くのスタッフが店を盛り上げようと一所懸命働いてくれました。人手不足の時期が多い中、綱渡りのようなピンチの時、どれだけ支えられたか、思い返すと涙が出るほどです。「社員物語」という本を書けるほど、スタッフひとりひとりの存在が鮮明に思い出されます。
先日、15年ほど前に働いてくれていたスタッフのお母様が珈琲豆を買いに来られました。「あの時、こちらでお世話になってよかった。ここは素晴らしい」と何度も頭を下げていかれました。大らかでよく笑う、そのスタッフの働きぶりを思い出しました。人生の一時期を当店で過ごし、得るものがあったならばそれこそ経営者冥利というものでしょう。
2年前に休止しましたが、「珈琲のある風景エッセイコンテスト」を10年間主催したことも大きな出来事です。毎年国内外から1000点以上の作品が届きました。審査委員の先生方、全ての作品を読んでくれる一次審査の方など、多くの力に支えられて続けることができました。
珈琲エッセイは珈琲店のオーナーにとってラブレターのようなもの。応募作品を読む時の充実感は何にも替えがたい至福の時でした。
二年前に終了したにも関わらず、昨年と今年、「珈琲のある風景応募作品」と称し、応募して下さる方がいます。毎年5月に多くの応募作品を読み続けていた私に対して、寂しさもあるのではという優しさからの贈りものでしょう。数か月もかけ、推敲を繰り返して仕上げたと思われるその作品は、心に深く響くもので、発表の場がないのが残念です。東京にお住まいの作者Sさんには、まだお会いしたことはありませんが心友と呼んでいます。他にもコンテストがもたらしてくれたいくつかの交流が今なお続いています。それが大きな宝となっています。
思いもよらぬコロナ禍の中、営業力抜群のスタッフたちが多くのアイデアを駆使し顔晴っています。   
今後、当店がどのような状況になるかわかりませんが、先の事を思い患わず、目の前の「今、ここに!」集中して、スタッフと共に乗り越え、変化を受け入れていきたいです。
今後共宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。






関連記事

試練を喜びに変えて

色とりどりの大輪の紫陽花の花が目を楽しませてくれる季節です。自然は変わりなく私たちの心を和ませてくれます。当たり前の事が当たり前でなくなった今、変わらない自然の営みが有難く心に染みてきます。
コロナ感染予防対策で試行錯誤を重ねながらも、多くの人々が以前より便利なシステムを作りあげたり、大変な状態の中でお互いに助け合ったりしているのを耳にします。
コロナ収束後は時代が大きく変わると言われますが、じっくりと地に足を付けて前に進みたいものです。
私が懇意にしている鹿児島市の美容室「ヘアーオンディーナ」では、徹底した感染予防対策をしています。お客様が入店したら自動消毒器で手の消毒、その後、店が準備した手袋とマスクをつけていただいてからの施術。できるだけ時間を空けての予約受注、個室に近い状態でのサービス、空気清浄と除菌作業など、お客様が安心して、安全に過ごせるよう配慮しています。精神面でのサービスもさることながら、お客様と自社を護るという信念を見せていただきました。このような店は安心と信頼を得て、どんな事があってもお客様の支持を失うことはない、むしろさらに評価を高めていくにちがいありません。
大分で3店舗の「炉ばた焼きとしね」を経営し商業界でも活躍している友人がいます。友人の店では食材にこだわり、無農薬の自社農園を持っています。コロナの影響で野菜が余ってしまったので、それをどのように生かすか考えた末、娘さんである常務の同級生が勤務する小学校の「育成」の給食に野菜を提供し、ボランティアで協力することを決めたのです。育成の子供たちは毎回大喜びで待っていたそうです。その生徒たちから手作りの感謝状を渡され、オーナーと常務は「自社の勲章」と喜び、お世話した担当の方々も感動と達成感を味わったと聞いています。
まさに「喜べば 喜びごとが 喜んで喜び連れて 喜びに来る」の言葉通りのように、喜んでやると喜びがやってくることを教えてくれます。厳しい状況の中でも、利他の精神でこの時を乗り越えようとする心意気に刺激を受けています。
私共も、スタッフと共に予防対策をしっかり実践し、試練を喜びに変え、喜びの連鎖が作れるよう店づくりにいそしみます。

ありがとうございます。

関連記事

通販サイト新装開店!

外出自粛が厳しくなってきた4月17日に、当店のウェブサイトが、ひそかに新装オープンしました。こんな折に、何かを始めることに心苦しい思いがありました。ところが、自宅時間が増えたので、ネット通販は有難いという声を聞き、逆にこのタイミングで良かったのかもしれないと気力が増しています。
以前のウェブサイトは約12年前に始めたものです。管理者Sさんは親しい方だったので、意気投合し、「珈琲のある風景エッセイコンテスト」も「フォトコンテスト」も、ウェブサイト開設と同時に始めました。      
フォトコンテストは5回で終了し、エッセイコンテストは2年前、第10回で休止しています。エッセイコンテストはウェブサイトと雑誌の公募でした。毎回1000点以上の応募作品が、国内外から届き、ウェブサイトの威力に驚きました。 
Sさんには今回もお世話になりました。珈琲倶楽部船倉をどんな時も良き方向に導いていただいた、影の立役者といえる存在です。築いてくれた12年間の労と新しいスタートの準備に感謝したいです。
数年前から考えていたカード決済や代金引換を活用する新サイトが、ついに完成したのです。
新サイトでは、種類や価格などがはっきりわかるように識別してあり、見やすく、注文しやすいよう工夫されています。珈琲ギフトセットには、心が伝わるメッセージを添えて欲しいという思いで、無料で代筆も承っております。
新装開店フェアとして、初回会員登録100ポイントプレゼントと3000円以上購入の方への全国送料無料を6月30日まで行っております。
国を挙げて外出自粛に取り組んでいる今、店頭で珈琲豆を購入下さる薩摩川内市近辺の方々にも、送料無料の機会にネットでご注文下さることを勧めています。
年明け早々から新サイト作成に取り掛かって頂き、新型コロナウィルス感染拡大対策強化の中でスタートすることになった新ウェブサイト。感染予防に役に立つことができ、皆さんが元気になる珈琲を提供できることを切に願っています。
感染がこれ以上拡大しないよう、皆で力を合わせて早い収束を実現したいものです。
ありがとうございます。

関連記事

こんな時だからこそ!

新型コロナウイルス感染拡大による自粛ムードの中、「珈琲を楽しむ会」を数回実施させていただきました。
この会は「珈琲を通してしあわせになっていただく」ことを伝えるいい機会ととらえています。
2月に行われた川内中央中学校の家庭学習学級の主催では、保護者の方々や校長先生も参加され、「珈琲でこんなにしあわせな思いを感じることができるなんて」「大切な家族においしい珈琲を淹れてあげたい」などの感想を戴きました。珈琲が家族のコミュニケーションの役に立っていることがこの上ない喜びともいえます。
3月には薩摩川内市商工会議所女性委員会主催の同会を実施しました。経営者の奥様や会社の幹部の方々が所属している会で、優しくてパワフルな方々ばかりです。
オリンピックの延期が決定した翌日で、日本中が重い空気に包まれた朝、「祈りの時間を設けて皆で祈りたい!」という思いが沸き上がってきました。
3分ほどの時間を使い、不安や恐れをなくし、まず自分を光で包み、それから家族、地域の人々、九州、日本そして世界へ光を広げるイメージをし、世界が平和になる想いを送るやり方でやってみました。瞑想の仕方を学んだことはありますが、誘導は全くの素人ですので、最もシンプルなやり方です。祈りながら涙を浮かべた方もおられ、皆さんが真剣に祈ってくれたことが伝わってきました。
2011年に起きた東日本大震災の翌日も、珈琲の会を開きました。薩摩川内市が主催するプログラムのひとつで、実施するかどうかはそれぞれの主催者に任せるという通達が来ました。夜も眠れないほど悩みました。その時も今回のように「祈りの会にすればいい!」という思いになり、被害が少しでも少なくなることを参加者と祈りました。その時も涙を浮かべながら祈ってくれた方がおられました。
あの時も今回も、被害の大きさを考えると、何もできない自分にもどかしさを感じずにはおれませんが、祈りの力の大きさは確信しています。
人類最大の危機と言われるこんな時だからこそ、恐怖心や不安をできるだけ少なくし、平常心を忘れず、プラスのイメージを持ち、それにフォーカスしながら、世界平和と世界がひとつになることを祈り続けたいものです。
感染予防のためにどうぞお身体を大切にお過ごしくださいませ。
ありがとうございます。





関連記事

ハワイの珈琲農園訪問

1月末に4泊6日でハワイ島に行ってきました。最も楽しみにしていたのは、山岸コーヒー農園のオーナーでピッカーでもある山岸さんご夫婦に逢い、農園を見せて頂くことでした。
山岸さんは珈琲店経営情報誌「珈琲と文化」に「山岸コーヒー農園便り」と題し、ハワイ島コナでの珈琲の品質を追求された取組や研究結果などをユーモアを交えて書いておられる方です。魅力的な文章で大変興味がありました。機会があればお会いしたいと思っていたのです。夢が叶いました。
山岸さんはハワイ島コナで最も品質の高いコーヒー豆を生産しています。ハワイ島にある約600軒の農園の中で、「エクストラファンシー」や「ファンシー」などの高品質の豆の割合が最も高い農園です。
丹精こめて手入れされた珈琲の樹、濃い緑の大きな葉。その樹々を見る山岸さんのいとおしそうな眼差しが印象的でした。私が訪問した時は収穫後のため、たわわに実る赤い実は見ることはできませんでしたが、農園を歩きながら害虫駆除対策、土や樹の栄養などについて丁寧に話して下さいました。
珈琲づくりに対してほとんどご夫婦で従事していることにも驚きます。大変な肉体労働です。収穫時の約半年間は、10時間労働の日々が続くそうです。
驚いたことに経営は赤字だそうです。それでも続けられている。どうしてそこまで? と感じていたのですが、「美味しい珈琲づくりのために実践をしながら研究結果を伝えていく」という姿に、珈琲アンバサダーの心意気を感じました。
 山岸さんはかつてニューヨークでヘッジファンドマネージャーとして成功され、奥様はニューヨーク州弁護士として活躍されていたそうです。早くにリタイアされ、ハワイ島で購入された自宅の前に珈琲の樹が植えてあり、農園をやりたいと奮起されたのがきっかけと聞いています。ご夫婦のこだわりの珈琲豆は、日本では北海道の珈琲焙煎工房函館美鈴さんで購入できます。
 当店もオープン当初から上質の生豆にこだわっています。農園を訪問し、話を聞き、おいしい珈琲はまず素材からと改めて感じたところです。私共の手元に届いた珈琲豆を、より美味しい味に仕上げて皆さまに提供したいという気持ちがさらに強まった山岸さんとの出逢いでした。
ありがとうございます。

関連記事