FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

贅沢な珈琲時間のために

今年の夏は猛暑日が続きましたが、大きくなった栗の実や野山の花々を見ると、秋がそこまで来ているのを感じます。
8月から珈琲豆や飲食の料金の値上げをさせて頂いております。長年値上げを考えてまいりましたが、お客さまの喜ぶことではないと承知しておりますので、なかなか決断することができませんでした。当店の珈琲豆は他の自家焙煎店と比べて安く提供していましたので、価格を喜んでご注文下さる方も多かったと思います。
船倉通信やダイレクトメール、HP等でお知らせしておりましたが、珈琲豆仕入れ価格や物流費の高騰のため、現行の価格を維持することが困難になりました。やむを得ずこの度、苦渋の選択をせざるを得なくなった次第です。
全て消費税込みの価格にさせていただきました。
値上げをしたことに心を痛めていたとき、鹿児島市のNさまから嬉しいコメントをいただきました。
「今まで値上げをしないで頑張って頂いたことに感謝です。日々、こんなに素晴らし珈琲をいただいていること、しみじみと感じ入っています。贅沢はしない我が家ですが、珈琲だけは我儘を通してきました。でもこれからはもっと大事に飲もうねと、夫と話しているところです。我が家の珈琲は珈琲倶楽部船倉さんでないと絶対駄目なんです。残り少ない人生、マンデリントラジャに執着したいです」という内容です。
涙がでるほど有難いメッセージでした。
N様のコメントの中に書かれている、唯一の「贅沢として、大事に飲んでくださる珈琲」をさらに心を込めて提供したいと身を引き締めております。
お客様の値上げに対する問い合わせに対処しているとき、若いスタッフの一人が「仕方がない事です。こちらの事情もありますからね」と言った言葉に彼女の成長の跡を感じました。
今後もスタッフともども「しあわせになる珈琲づくり」に精進してまいります。
何卒ご理解賜りますよう心よりお願い申し上げます
ありがとうございます。

追記:月のサービス珈琲(1種2割引)と年に3回の感謝フェア(3種2割引き)は引き続き行いますのでご利用くださいませ。


関連記事

原点

7月25日は私共のオープン記念日で、32年目を迎えることになりました。
店を振り返り、自分を振り返ってみました。薩摩川内市で初めての珈琲専門店は、珈琲より珈琲ゼリーが美味しい店として評判を得ていました。そしてどのようにしたら珈琲を通して幸せになっていただけるかという試行錯誤が始まり、それが楽しい日々でした。今でもゼリーの人気は健在ですが、「ここの珈琲でないと」と言っていただけるようになりました。
そしてご縁があった方々が浮かんできます。スタッフ、お客さま、業者の方に恵ました。親戚のような、親友のような付き合いが増え、よきご縁の連続がこの仕事を続けている原動力になっています。
 私は中学時代を屋久島の西方にある口永良部島で過ごしました。4年前、この島で大噴火があり、島民約130名は屋久島に避難を強いられました。約半年間の仮設住宅での避難生活は全国でも報道され、島の名前は一躍有名になりました。
 5年前、45年ぶりに念願の帰郷が叶ったのです。島の魅力にとりつかれ移住者が増えていましたが、島民特有の暖かさは変わっていませんでした。
人口減少のため、小中学校が合併し小学校では複式学級となっていました。山村留学生も受け入れ、そして今年6月に新校舎もできたと聞きます。
潮風を感じながら癒される4つの温泉もあり、海と山の幸にも恵まれています。民宿の数も7件に増えていました。知人の写真家が「口永良部島は最後にとってある」と言われるほど「とっておきの島」なのです。
私の中学時代に影響を受けた恩師がいます。その恩師は私の2年と3年の担任で、所属していたバレー部の監督でした。その先生は毎朝、福沢諭吉の心訓を唱和させました。
「世の中で一番尊いことは人のために奉仕し決して恩にきせないことです」「世の中で一番美しい事はすべての物に愛情をもつことです」この二つの言葉は特に気に入っていました。
この心訓は、私が現在「喜ばれる存在」として「愛と感謝」を深めたいと考えていることと通じています。これが自分の原点のひとつではないかと気づいたのです。
今後も原点を大切に、喜んで頂きたい思いを深め、珈琲を通してしあわせを発信したいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。




関連記事

心躍る喜び

夏の感謝フェアが7/1から7/30まで行われます。厳選した珈琲豆4種が2割引きとなります。私共の店は7/25にオープンしましたので、夏のフェアはオープン記念の感謝の思いも重ねております。
感謝フェアのDMに書かせていただいたテーマは「薫る珈琲、和む令日」とし、令和元年のスタートの年に、珈琲で心和む時を過ごしてほしいと願っています。
そして、DMコメントの言葉として「心躍る喜びが広がりますようお祈りします」と、多くの方に書かせていただきました。
私ごとですが、ここで嬉しい報告を致します。なんと南日本写真展で優秀賞を受賞しました。まさに心躍る喜びがやってきました。89歳の母が「あなたはついているね~」と言っておりますが、本当についていると思います。ここまで指導してくださった方、応援してくださる方、家族の協力に感謝の念を深めています。
6月26日に私の作品と顔写真、取材内容、審査委員の講評が南日本新聞に掲載され、フェイスブックでそれをアップしたところ、多くの方からお祝いの言葉を戴きました。北は北海道、南は石垣島、中国上海までも。
「元気をいただきました!」「光の世界に包まれた思いです」「思いが光りの輪になって表れていますね」「船倉さんならではの世界ですね」など。皆さんの「おめでとう!」のシャワーに包まれ、喜んでくださる優しい心に感激しております。
私の作品はバレエ写真で、発表会の時に舞台の袖から写したものです。そういう機会を与えていただき本当に幸せと感じます。
撮影の時間は限られていますが、写真を趣味にすることで人生が豊かになっています。
好きなものを写し、それが評価され、これ以上のしあわせはないと自分でも感じます。
「喜べば、喜びごとが喜んで、喜び集めて喜びに来る」という言葉があります。
仕事でも「喜ばれる存在」として、珈琲を通して、喜んで、喜びながら喜びを広げていきたいものです。
ありがとうございます。



関連記事

涼をもとめて

元号が令和に変わり、新鮮な空気の流れに、意識も前向きに感じることができます。珈琲倶楽部船倉のディスプレイも模様替えをし、紫陽花の間でかわいい3匹のカエルがお出迎えする楽しいものになっています。
もうすぐ夏の到来です。アイス珈琲の季節です。当店では2年前から1ℓのパック入りのアイス珈琲を始めています。当店で焙煎した珈琲豆を大阪の充填委託会社に送り、布ドリップしパック詰めをしていただいています。先日、工場を見学する機会があり、工場の作業工程を視察してきました。その会社は国際規格ISO22000を取得し、品質管理を徹底していて、200名近くの社員の方々は活き活きと楽しそうに作業をしていました。素晴らしい会社に充填依頼ができていることを有難いと感じました。
弊社は「しあわせになる珈琲」ということをモットーにしていますので、このアイス珈琲を飲まれた方のしあわせが広がりますように、「愛が広がるあいす珈琲」と命名しており、夏のギフトに喜ばれています。
またご自宅で手軽にアイス珈琲が飲める「水出しパック珈琲」も好評です。
フレンチ珈琲1袋55gを4袋入れたパックになっています。約600ccの水に1パック入れ1晩(約8時間)置いておくだけで、おいしい濃厚なアイス珈琲を飲むことができます。水出しパック用のワイン型ボトルは別売りですが、おしゃれでおいしさを増してくれます。
「あいす珈琲」、「水出しパック」は無糖でホット珈琲、アイス珈琲のどちらでも飲むことができます。アレンジとしてミルクで割ってカフェオーレ、ゼラチンで固めて珈琲ゼリーなどもおすすめです。グラスの中のカランという氷の音を聞きながら「あいす珈琲」で夏の涼を楽しみませんか?


関連記事

新たな幕開け

さわやかな風が新緑を吹き抜け、足元にはシロツメクサやタンポポ、アザミなどのかわいらしい花々が咲き誇る時、新しい元号の令和の始まりを迎えました。
テレビ、新聞等で昭和、平成の時を振り返る報道が多く、時の速さと重みを感じながら、気持ちが自ずと神聖になります。
令和の令には「よい・すばらしい」という意味が備わり、万葉集の「初春令月 気淑風和」の令月も新春のよき月と聞きます。よき時代の到来を感じずにはおれません。
31年前の平成になる半年前、私共は店をオープンしました。平成と共に年号を重ね、駆け抜けて31年です。目を閉じて平成を振り返ると次から次へとご縁があった方々の顔が浮かび、様々な出来事が思い出され、感謝の念で胸がいっぱいになります。
すべては必要で必然に起こると認識していても、納得するのに時間がかかる時もありましたが、今がベストと受け入れるができます。
新しい元号になっても「喜んで頂くこと」が私の人生、そして会社の目的であることは変りなく、今後も「しあわせになる珈琲づくり」にいそしみ、時代の変化を受け入れていきたいものです。そして出会いを大切に重ねていきます。
令和の始まりを祝し、船倉のパティシエールが5月の限定メニューを「はっぴー令和ケーキ」と称して、お祝いの気持ちと、皆さまに素晴らしいことがさらに起きますよう願いを込めて作りました。
さらなる被災地の復興と、世界の平和を切にお祈りしながら、新たな幕開けが皆さまのより多くのしあわせに繋がりますことを心より願っております。
ありがとうございます。

関連記事