FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

ハワイの珈琲農園訪問

1月末に4泊6日でハワイ島に行ってきました。最も楽しみにしていたのは、山岸コーヒー農園のオーナーでピッカーでもある山岸さんご夫婦に逢い、農園を見せて頂くことでした。
山岸さんは珈琲店経営情報誌「珈琲と文化」に「山岸コーヒー農園便り」と題し、ハワイ島コナでの珈琲の品質を追求された取組や研究結果などをユーモアを交えて書いておられる方です。魅力的な文章で大変興味がありました。機会があればお会いしたいと思っていたのです。夢が叶いました。
山岸さんはハワイ島コナで最も品質の高いコーヒー豆を生産しています。ハワイ島にある約600軒の農園の中で、「エクストラファンシー」や「ファンシー」などの高品質の豆の割合が最も高い農園です。
丹精こめて手入れされた珈琲の樹、濃い緑の大きな葉。その樹々を見る山岸さんのいとおしそうな眼差しが印象的でした。私が訪問した時は収穫後のため、たわわに実る赤い実は見ることはできませんでしたが、農園を歩きながら害虫駆除対策、土や樹の栄養などについて丁寧に話して下さいました。
珈琲づくりに対してほとんどご夫婦で従事していることにも驚きます。大変な肉体労働です。収穫時の約半年間は、10時間労働の日々が続くそうです。
驚いたことに経営は赤字だそうです。それでも続けられている。どうしてそこまで? と感じていたのですが、「美味しい珈琲づくりのために実践をしながら研究結果を伝えていく」という姿に、珈琲アンバサダーの心意気を感じました。
 山岸さんはかつてニューヨークでヘッジファンドマネージャーとして成功され、奥様はニューヨーク州弁護士として活躍されていたそうです。早くにリタイアされ、ハワイ島で購入された自宅の前に珈琲の樹が植えてあり、農園をやりたいと奮起されたのがきっかけと聞いています。ご夫婦のこだわりの珈琲豆は、日本では北海道の珈琲焙煎工房函館美鈴さんで購入できます。
 当店もオープン当初から上質の生豆にこだわっています。農園を訪問し、話を聞き、おいしい珈琲はまず素材からと改めて感じたところです。私共の手元に届いた珈琲豆を、より美味しい味に仕上げて皆さまに提供したいという気持ちがさらに強まった山岸さんとの出逢いでした。
ありがとうございます。

関連記事

ひとつになって

「空と海がとけて ひとつ」という歌詞で始まる「ひとつ」という曲をご存知でしょうか?
作詞作曲は高橋晴美、歌っているのはミネハハです。
ミネハハは3000曲以上のCMソングを歌い、その世界では女王といわれるほど、技量のある歌手。「ひとつ」を歌うとき、現実から離れた雰囲気を醸し出し、その世界に引き込まれ、心の中に暖かいものが広がってくるのです。
私がこの曲と出会ったのは、22年前、私共の10周年イベントで、友人が手話で振り付けてくれたのがきっかけでした。その手話ダンスを気に入ってくれた方が多く、いつの間にか、バリ島、スコットランドのフィンドホーン、アメリカのシャスタなどでも披露されました。
全てが繋がってひとつになる、というメッセージ性のある歌詞も、人気がある理由だと思います。
私の友人はミネハハのコンサートの舞台でも踊りました。私共も18年ほど前に、元社員の結婚披露宴で、スタッフ全員で踊った経験があります。
その手話ダンスを久しぶりに、昨年の社員とのクリスマス会で踊ることにしました。普段も頭の中にその曲が流れ、口ずさむと心が穏やかになるのがよくわかるのです。
花冠をプロの方に作っていただき、振りも以前と少し変え、新しい自分を表現したいと考えました。
クリスマス会では、いつもにぎやかに走り回っているスタッフの幼い子供たちが、私が踊るのを静かに見入ってくれたのは、なんとも嬉しい反応でした。
スタッフが写していた動画を見ると、まだ癒しとは程遠いと感じるので、もう少し練習して私の隠し芸にしたいものだともくろんでいます。
「人と人がとけて ひとつ、国と国がとけてひとつ」という歌詞のように、家族、会社、社会がひとつになってほしい。そして、世界中に争いがなく、平和な世の中であってほしいと願う気持ちを伝え広げたいものです。
私共もチームワークを高め、皆さんに喜んでいただけるように、ひとつの大きな家族になっていきたいと新年の誓いをたてたところです。
ありがとうございます。

関連記事

新年を迎えて

 明けましておめでとうございます。
 2020年のスタートに、皆さんも新たな思いで臨まれていることと思います。今年は東京オリンピックの年、日本中がお祭り気分で盛り上がることでしょう。私共も「楽しさ」をテーマにこの一年、よりよい珈琲と雰囲気づくりにいそしみます。
ホームページを見ることが少ない方のために始めた、船倉通信も8年と4か月目で101号となり、新しく1からのスタート、心新たな気分になります。 今年もお客様との「つながり」を大切に日々を重ねていく所存です。           
 昨年、イベントに参加している時、会場の木工品売り場で、作り手の優しいぬくもりを感じる机に出会いました。イベント主催者のクランキーももさんのご主人が作成したものです。イベント会場で見かけたその机に一目ぼれしました。どっしりとして、角に丸みがあり椅子に座ると気持ちが落ち着き「これだ!」と思い、購入を決めました。結婚してから、自分の机に縁がなかったのですが、ずっと机が欲しいと思い続けたわけでもなかったのです。何かが背中を押したような気がします。部屋に入ると、どっしりとした父親のような机が迎えてくれ、神聖な気持ちになるのです。
 今年はこの机と共に、怠惰な自分、無理をする自分を変え、新しい自分を生きたいと考えています。
このように仕事を通して、私の人生に豊かさをもたらしてくれる繋がりは数えきれないほどあります。家族や親戚のようにたくさんの優しい心や言葉を戴き、高齢の方々とも友人のように交流できることも有難いです。
 今年も、今までの繋がりと同時に新しい出会いを大切に、一日一日を過ごしていきたいと切に願っています。
珈琲を通して皆様の「うれしい、たのしい、しあわせ」な時が広がりますようお祈りしています。
 ありがとうございます。


関連記事

チャレンジを続けて

今年も残り僅かになりました。皆さんにとってどのような年になったでしょうか?今年も珈琲倶楽部船倉の珈琲をご愛顧頂き心より感謝致します。
今年は新元号の「令和」が始まり、新たな時代の幕開けとなりました。多くのことが変化していると強く感じます。
一方、今年は災害が多い年でもあり、未だ現状復帰がされない所もあり、一日も早い復旧を祈るばかりです。
当店もこの一年を振り返ると、ご迷惑をおかけしたことも多々ありました。それでも繋がりを保っていただき、涙がでる思いも致しました。
心苦しい値上げもしましたが、ご理解の言葉も数多く戴き、救われる思いがしました。
遠方からわざわざ逢いに来て下さった方もおられます。石垣島、京都、神奈川そして北海道からも。
1月末から始めたインスタグラムは現在フォロアーが560を超えました。担当スタッフが写真と文章を考えて店の紹介をしています。見て下さっている方、フォロアーになって下さっている方の反応がとても有難いです。改めて、インスタグラムの影響力にも驚いています。
パリで約6年修行したパティシエールが「月の限定メニュー」を、昨年11月から担当しています。限定メニューを始めて約10年。今年10月のメニューが今まで中で最高の数を召し上がって頂きました。智子パティシエール(トモシェール)が「珈琲に合うスウィーツ」を皆さまに喜んで頂きたいと試行錯誤を重ねて提供しています。
現在、店舗スタッフ6名、そして委託会社1社のチームで店を運営しております。時代の多くの変化を感じながら、皆さんに喜んで頂けるようチャレンジして参ります。
皆さんにとりまして、来る年もより良き年でありますようお祈りします。
ありがとうございます。

関連記事

バケットリスト  

「あなたが死ぬまでにやりたいことは何ですか?」と問われたら、何と答えるだろうと自問してみました。なかなか出てこない。でも残り6か月という命の期限を切られたらどうだろうか?
2007年に放映された「最高の人生の見つけ方」というアメリカ映画のリメイクが邦画として今年10月に公開されました。
このアメリカ映画は、私が最も好きな映画のひとつです。リメイクが出たことで改めて原作を振り返ってみました。
映画の原題は「バケットリスト」 バケットはバケツ。バケツには「死」の意味があり、これは「死ぬまでに実現したいことを書きだしたリスト」です。
大富豪のエドワードと修理工のカーターは同室に入院し、二人とも余命6か月と宣告されています。そのふたりが意気投合しバケットリストを作り、病院を抜け出し、ひとつひとつクリアーしていくストーリーです。
死を直前にしながらも、冒険をする二人の話はユーモラスで、爽快感があり、友情と家族愛を描いたヒューマンドラマです。
私がこの映画を好きな理由がもうひとつあります。珈琲の話が映画のストーリーの隠し味として登場していることです。
エドワードは、大の珈琲好きで横式のサイフォンを病室に置き、世界で最も高価な珈琲と言われている「コピ・ルアック」を飲んでいます。
博学なカーターが、「君は珈琲が好きなようだけど、珈琲の起源を知っているのか?」と映画の前半で聞いてきます。そして後半で「コピ・ルアックはどういう飲み物か教えてあげる」という会話があり、珈琲店のオーナーとしてはドキドキする場面です。
珈琲の起源については、エチオピアでの羊飼いのカルディによる発見説があります。
「コピ・ルアック」については、「コピ」はインドネシア語で珈琲、ルアックはジャコウネコの意味です。ジャコウネコに珈琲豆を食べさせて、糞として出てきた豆を洗浄し乾燥させ、焙煎したものです。
珈琲屋としては、何より興味深く、多くの方に珈琲について深く知ってもらえる機会でもあるので有難いと感じました。
日本でのリメイクを機会に、改めて私自身のバケットリストを考えてみました。
映画の中にあるような、スカイダイビングや、荘厳な景色を見たいという壮大な夢はありませんが、なかなか会うことができない人に会いたい。そして、自然の中で、じっくり植物や花を愛でたいとも思います。「バケットリスト」を考えると色々出てきそうで楽しくなってきます。
普段は想像もしない喜びが、「奇跡のように」起こりそうな予感がします。
皆さんもバケットリストを作ってみませんか?
ありがとうございます。
    

関連記事