メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

映画と珈琲

先日、FMさつませんだいの「井戸端ミックス会議」という番組の取材を受けました。この番組は、ひとつひとつのアイデァをミックスすると、面白いものが生まれるにちがいないという発想から生まれたそうです。今回のテーマは「映画と珈琲」ということで、珈琲と映画がどのようにかかわっているかというテーマで、珈琲専門の私共が取材を受けることになりました。
映画館に入るときは、多くの人が珈琲を手にしています。まるで、異次元の世界へ入る時の序奏曲のような、気分を高めてくれるものとして、映画鑑賞に珈琲はよき相棒の役をつとめてくれていると思います。
取材では、ふたつの質問を受けました。「感動した映画を観て、涙があふれた後の珈琲はどんなもの?」と、「思いっきり笑った映画を観た後の珈琲は?」です。
長年珈琲に携わってきて、このような質問を受けたのは初めてです。
ひとつ目の質問の、感動の涙の後の珈琲については、人間が涙を流すという事は、嬉しいことにしろ、悲しい事にしろ、心が洗われる想いがし、すっきりすることが多い、ここがポイント。浄化されたような気持ちを維持したいとき、珈琲倶楽部船倉の珈琲ではコスタリカの珈琲豆を使用した「かんのん珈琲」がぴったりではと考えます。やさしさに包まれたような香りと上質の酸味が特徴の珈琲で、涙の後の珈琲におすすめです。
ふたつ目の質問に対しては、「笑い」は幸せの象徴であるので、多くの方が楽しい人生を過ごしたいと考えているのではということがポイント。お腹を抱えて笑った後の珈琲はブラジル産の「サントス」がおすすめです。ブラジルの代表的な音楽はサンバで、陽気な国民性として知られています。このような人々の手によって生産された珈琲豆には、やはり楽しい波動が入っているのは間違いありません。笑いの後の珈琲はサントスに限ると思います。
FMさつませんだいの放送は5月13日(日)14時台です。薩摩川内市内の方にはぜひお聴きいただきたいです。店内の珈琲をミルで挽く音、珈琲を淹れるときに珈琲がぽたぽたと落ちる音も収録されましたので、番組では珈琲店の臨場感も感じることができると思います。
皆さんも映画に合わせた珈琲のある風景を楽しむことをおすすめします。
ありがとうございます。

関連記事

締め切り間近か!

「第10回珈琲のある風景エッセイコンテスト」の締め切り日の4月30日が迫ってまいりました。応募作品が封書やメールで続々届いています。今年はどんな作品に出会えるのかと胸の鼓動が高まります。
毎年、国内はもちろん海外からも多くの応募作品が寄せられます。その多さの要因のひとつに「月刊誌・公募ガイド」で掲載があります。
私共のエッセイ公募が第10回という区切りの年でもあり、公募ガイド社から取材を受けました。4月号の特集である「この公募応援します」のコーナーに、昨年の金賞、銀賞作品とともに、2頁に渡り紙面で紹介していただきました。
私が取材を受けた内容は「入選するためには」に対する質問です。ひとつ目の答えは、珈琲が好きという内容より、珈琲に絡めた家族愛や旅先での出来事であるほうが印象的であること。ふたつ目は、珈琲といえば「珈琲との出会い」を思い浮かべる方が多いのか「初めての珈琲」をテーマにされる方が非常に多いですが、よほど個性的でないと一次審査を通過することは難しい事。そして最後の答えは、書き出しやエピソードと同じくらい最後のまとめ方もとても大事であることなどです。
公募ガイド4月号には「テクニックで君の文章はもっと輝く」という特集が組まれています。
「題材を探す方法」「ありきたりから脱却」「文章表現にまつわる名言」などを参考にし、「珈琲風景」のイメージを広げていただきたいです。
「珈琲がもたらす幸せな時間。そんな作品を読ませていただいて、私たちは日本の珈琲屋でいちばん幸せかもしれません。たくさんのご応募をお待ちしています。」
ありがとうございます。

関連記事

第10回ひらさ北郷桜まつり

私共の珈琲ギフトの中には「天使の珈琲」「ありがとう天使の珈琲」「かんのん珈琲」「しょうが珈琲」などがあり、しあわせになる珈琲として多くの方に喜んで頂いています。

その中の「かんのん珈琲」の缶ラベルは、女流日本画家で仏画家の北郷萌祥(ほんごうほうしょう)先生が描いて下さっています。通常のイラストと違い、専門の仏画家北郷先生の想いが込められていて、多くの方にご利益があると喜びの声を聞いています。

北郷家は島津家の異姓分家で、16世紀末に北郷三久が平佐城主として、都城から平佐に移封してから川内駅周辺には長い間、平佐城の歴史の変遷がありました。15代北郷光久の長女の北郷萌祥先生は、先人たちが作り上げた歴史を語り合い、子供たちへと語り継ぎながら、地域の教育や文化保存へと発展させたいという想いで「桜まつり」を始めたと聞きます。平佐町の北郷家の墓地群は市の文化財にもなっています。桜満開の頃に開催される「さくら祭り」には地域の方々はもちろん市内外からも多くの方が来られています。 
オーガニック野菜、お好み焼き、珈琲、紅茶、本、陶芸品などの出店と、舞台ではコーラスや万葉の歌、薩摩川内おどり太鼓、日本舞踊、バンド演奏などが披露され、歴史家の原口泉先生、東川隆太郎先生の講演も毎回好評です。
今年は第10回の区切りの年。さらに喜ばれる企画をたくさん準備しています。
午前の部は「庵ノ城広場」、午後は「平佐西小学校の体育館」で行われます。
今年はNHK大河ドラマの「西郷どん」で鹿児島のみならず、全国的にも大盛り上がりで、歴史愛好家が急激に増加しています。出水市出身の歴史家・桐野作人先生も東京から来られ、東川先生との講演と、「子供たちからのQ&A」は見逃せない今回のビッグイベントとなるでしょう。
今年は「ひらさ北郷桜まつり」と名称を改め、4月1日(日曜日)に行われます。
私共は「かんのん珈琲」をたくさん準備しお待ちしています。
10出店と、音楽や踊りなど13の芸能、そして歴史タイムをたっぷり楽しんでいただきたいと願っています。

ありがとうございます。

関連記事

エッセイコンテスト公募中

今年も「珈琲のある風景エッセイコンテスト」の公募が始まりました。今年は第10回。10年続けることができたのは、審査委員の先生方をはじめ、多くの方に支えていただいたおかげです。入選者の総数は90名、応募者約9000人です。これほど多くの方々が珈琲にまつわる想いをつづって下さいました。

珈琲がもたらすしあわせな光景を知ることができたらどんなに素晴らしいだろうとの思で始めた、エッセイコンテスト。エッセイを通して改めて珈琲がこんなにも人生に力をもたらしているのかと知ることができ、珈琲店のオーナーであることに毎回至福を感じています。
入選された方の喜びの声とその方々との交流も私共の宝です。また他のエッセイコンテストでも入選され、その名前を見かけると、親戚の活躍のように感じ喜んでおります。
たとえ入選されなくても何度も応募して下さる方もいます。このコンテストを機会に自分の人生の1コマを振り返り、心の引き出しに書き記し、自分の宝としてほしいものです。それが大切な人との珈琲タイムであったり、自分だけの心模様であったり、出会いと別れであったりするかもしれません。

私共は応募作品の1点1点を、共に珈琲タイムを過ごしているかのようにゆっくり、じっくり味わいながら読ませていただいております。
今年も応募者の皆さんとの珈琲タイムを楽しみにお待ちしております。
ありがとうございます。



関連記事

しあわせみちる日々を

明けましておめでとうございます。
心新たに新年を迎えられたことと存じます。
私共は昨年、お陰さまで30周年を迎えることができました。創業の基本を忘れず、また新企画にチャレンジしながら、「喜んで頂く店づくり」「しあわせになる珈琲づくり」にいそしむ所存です。

全国募集の「珈琲のある風景エッセイコンテスト」も今年は10回目を迎えます。審査員の先生方に支えていただきながら続けてこれたことに感謝します。珈琲店が主催する全国でも珍しい企画として、マスコミで取り上げていただくことが多くなりました。毎年1000点以上の作品が寄せられますが、ラブレターをいただくような思いで一点一点を読ませていただいています。珈琲が人生にもたらす力に感動の連続です。毎年作成している入選作品集「ぷろむなーど」を心待ちにされるファンも年々増えています。今年はどんな作品に出会えるのでしょう。今からワクワクしてきます。
昨年秋に発売した「鹿児島みちる しょうが珈琲」もおかげさまで好評です。自家焙煎珈琲30年のこだわりとして、珈琲豆は人気No.1のガテマラを使用し、鹿児島県産のしょうがをブレンドしたものです。「珈琲としょうがの絶妙な味がよい」「体が温かくなり、冷え性の私には有難い」など、多くの喜びの声を聴くことができました。喜びがみちあふれてほしという願いで「みちる」という言葉を入れて命名しましたが、それが叶いつつあることが何より嬉しいことです。

今年も皆さまのしあわせがみちあふれますよう心よりお祈りいたします。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
 ありがとうございます。

関連記事