FC2ブログ

メアリーのブログ「スキップして!」

鹿児島県薩摩川内市、自家焙煎珈琲店「珈琲倶楽部船倉」のオーナー、メアリーのブログです。

父の日に

 今年は梅雨入りが早く、雨の日が続いていますが、色とりどりの大輪の紫陽花がひときわ輝き、心を晴れやかにしてくれています。今年は大雨による被害がないことを祈るばかりです。
6月20日は父の日です。珈琲店を営む私共は、父の日と母の日に社員共々、感謝の手紙を書くことにしています。
 私の父は21年前に他界しましたが、その年に書いた手紙には、記憶もおぼつかない幼い頃から、大人になるまでの父との思い出をたどり、感謝の言葉を綴りました。
 その手紙を父は何度も読み返していたと、母から聞きました。父に感想を聞きたくて、「どう思った?」と聞くと、照れくさそうに「昔のことをよく覚えているなと思ったよ」と答えてくれました。
 父からは一度だけ「ご招待ありがとう、走り書きごめん!」という手紙を手渡されたことがあります。
22年前、当店のオープン10周年を記念して、講演会と祝賀会を主催し、両親を招待した時の感想を書いてくれたものです。
 「才覚に満ちたプランによるアイデア交りの進行は笑いと共に楽しいものでした。この日までの企画と準備は、想像以上のご心労のあったことと、思いを寄せずにはおれません。報われたものは非常に実のあるものでしょうが、今日あるのは皆様の諭しと励ましと協力があったことを充分に受け止め、今後も確かな歩みを続けることを祈るばかりです。
従業員の方々も一心同体、より盛りあげようと懸命に働いて下さる姿に頭が下がる想いです。あなたたち夫婦は幸せ者だよ」
と、1枚の紙に書かれていました。
 「周りの方の支えに、より感謝すること、日々一所懸命働いてくれる社員に、より感謝すること」という言葉を、翌年亡くなった父からの遺言のような想いで受け止めています。
 書を嗜んでいた父は、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の詩を書いて額に入れて3人の子供たちに残してくれました。寡黙な父は「欲はなく、決して怒らず静かに笑っている」という詩の中にある人物像そのままの人でした。
父はいつでも私のそばにいて「いいよ、いいよ」とすべてを包み込む懐の広さを教えてくれているようです。
 今年は久しぶりに父の日に手紙を書いてみようと思っています。
ありがとうございます。

関連記事

団子づくり体験

大隅半島の高隈町に住むTさんから、年に数回ヨモギ餅が届くようになって10年近くになります。昨年の秋、香り高い三枚の細い「けせんの葉」に包まれた、卵を細長くした形のヨモギが入った「けせん団子」が送られてきました。
葉をそっと剝がすと、中にあずきが入ったヨモギ団子。マッシュしたサツマイモも入っている。口にすると、サツマイモとヨモギと小豆が上手くマッチしていて、ほどよい甘さがなんとも言えない。私はすっかり「けせん団子」の虜になってしまいました。
「ヨモギの葉がたくさんあったから」「小豆を友達にもらったから」と言いながら、Tさんは、いとも簡単に作ったかのように言ってのけます。
世にも美味の団子はどのように作っているのか見てみたい、一緒に作ってみたいという思いが強くなり、春分の日が過ぎたころ、夫と共に出向くことにしました。
Tさんとの縁は、三年前に亡くなった彼女の伴侶が、私の夫の高校時代の恩師であることから始まった長い付き合いです。
神社に隣接しているTさんの自宅は、裏に竹山があり、眺めのいい高台にありました。
Tさんはすでに、けせん団子の下ごしらえをほとんど済ませてあり、私たちは、きび糖が入った米粉に、湯がいてあるヨモギと小豆を混ぜるところから体験させてもらいました。けっこう力仕事です。がたいがいい夫も柔らかくなるまで時間をかけ必死に混ぜています。
私は、混ぜた具を、手のひらで丸め、細長い小さな三枚のけせんの葉で包み込む係です。要領を得たら楽しくなってきました。
二十分後に蒸し上がり、蓋を開けると 甘い香りが漂ってきました。
蒸し器の中では、ぴかぴかに光る緑色の団子が葉の奥から覗いているのです。約六十個の団子を取り出し、広い竹ざるに並べました。手間をかけて出来上がり。
作った団子と、前日にTさんが作ってくれていた赤飯と煮しめ料理を車に乗せ、実家から帰るような想いでTさん宅を後にしました。
「会いたいと思う人に会いに行きたい、できるだけ早く」と最近ひしひしと感じることです。
大好きな団子をほおばりながらTさんと楽しい時を過ごせたことの満足感に満たされています。



関連記事

「さじチョコ」物語

スプーン型チョコレート「さじチョコ」が誕生して、2か月が過ぎました。
この間の反響の大きさにスタッフ共々驚いています。今も店頭に並べると、あっと言う間に売れきれてしまうほどの人気です。
先日、福岡のエッセイストKさんが、「さじチョコ」を東京の「happyな食卓の天才」と称される友人Yさんにプレゼントされたそうです。Yさんは楽しい手作り料理やかわいいお菓子を作るのが好きな方。
彼女は「さじチョコ」に一目惚れ、「おしゃれな船倉のさじチョコをそのまま食べるのはもったいない」と、プリンアラモードやレアチーズケーキ等デザートや料理にさじチョコを添えたメニューを数多く作られたとのこと。
出来上がりの写真を見て、東京にも「さじチョコ」の熱烈なファンがいることが嬉しくて、嫁入りした娘がかわいがっていただいている親の心境になっています。
徳之島のM様からは35セットのご注文を頂きました。山梨の高校に通う寮住まいの息子さんが空手の全国大会に出場するので、部員の方々と先生方へ、甘い物を摂取してパワーを持続してほしいという激励のプレゼント。「さじを投げないで頑張ります」というお礼の写メが届いたと私共に送って下さいました。男子学生たちの顔を想像するだけで心が踊ります。
さじチョコが料理やデザート添えとして、またエールとしても役にたち、しあわせをもたらしてくれていることが何より嬉しいです。
ここに、毎日さじチョコを作り続けている担当パティシエール坂元速果のコメントを紹介させていただきます。
「昨年、製菓学校のパティシエ科を卒業し、珈琲倶楽部船倉の正社員になって1年になります。
新型チョコレートを作ってみないかと言われ、百貨店のバレンタインフェアで見かけ、いつか作ってみたいと思っていたスプーンチョコレートを咄嗟に提案しました。
想像以上の反響があり、喜んで頂けることが励みになっています。
今回の「さじチョコ」作成に当たり、チョコレートには1℃の温度差で微妙に変化するテンパリング(調温)がいかに重要であるか学んでいます。
チョコレートの仕込みやスプーンのお皿に木の実やドライフルーツの細切りをひとつひとつ乗せる作業も心を込めて楽しみながらやっております。
今後も周りのサポートを受けながら、より美味しいさじチョコ作りを探求します。よろしくお願い致します」
「さじチョコ」物語はまだまだ続きそうです。
ありがとうございます。



関連記事

「さじチョコ」誕生

2月1日から当店で新商品を発売しました。
スプーンの形をしたチョコレートで、先端の丸い皿の部分に胡桃、アーモンドなどの木の実と、クコの実、パンプキンシードなどのドライフルーツを乗せたチョコレートです。「さじチョコ」と友人が名付けてくれました。 スウィートチョコ2本と
ストロベリーチョコ1本の3本セットからスタートです。
アイデアを提供したのは、昨年3月に専門学校のパティシエ科を卒業した社員です。
「美味しいチョコレートを作ってみません?」と投げかけると間髪入れず「スプーンチョコレートはどうですか?」と答えたのです。以前、イベント会場で見かけて興味をそそられたとのこと。
それからトントンと計画は練られ、チョコの型が決まり、材料の集めを終えて、いざ試作。スタッフ全員からGoサインが出て、
バレンタインプレゼント用の販売に間に合わせることができたのです。
インスタとツィッター、FBに「さじチョコ」を投稿してみると、「画像をみて一目惚れです!」「なんとかわいいのでしょう!」「今まで見たことがない!」「食べるのがもったいない」「見ていると、うふふと笑いたくなる」など、たくさんの反響に驚きました。
「送って欲しい」というご要望に応じて、ネット通販も始めました。
発送する時に、スプーンのお皿に乗っている繊細なドライフルーツや木の実が、小さな衝撃に耐えられるか心配でしたが、クッションペーパーで包んで箱に詰め、外袋には「創作チョコが入っています。そっと運んで頂けるようお願いします」と書いた黄色の紙を貼り付けました。
世の中の荒波に慣れない箱入り娘の旅、初めての発送の時は怪我なく届くか、はらはらドキドキで夜も眠れないほど。
無事届いたという知らせに皆で安堵しました。
 約1週間で、担当パテシエールは、1000本近くのさじチョコを作り上げました。
その間ケーキ室はチョコの甘い香りが充満し、アイデア提供のパテシエールは「チョコ姫」というニックネームがついたほど!
新たにストロベリーチョコにホワイトチョコを加え「いちごみるく」に変身させ、
ドライフルーツに屋久島の「たんかんピール」も仲間入りし、新製品が誕生していきます。
さらに強くて美味しい「さじチョコ」を目指してチョコ姫の探求は続きます。

「さじチョコ」がもたらす喜びの波及に、私共も楽しく取り組んでいるところです。
ありがとうございます。

関連記事

デザイナーの視点

鹿児島県もコロナ警戒基準「ステージⅢ」に引き上げられ、当店も「自分自身と回りの人を守るため」に、さらに気を引き締めて感染症対策を強めております。

昨年から始めた新しいロゴとパッケージには、お客様や知人から多くの称賛の声や感想をいただき、珈琲をより引き立たせてくれるデザインを作って頂いたことに感謝しております。
デザインして頂いたのは、海外のコンテストで受賞歴がある㈱KATALSEVENの代表取締役であり、デザイナーの丈井彰一郎様です。
先日、専務取締役で奥様の國方栄利子様がフェイスブックにデザイナーの視点を投稿されていましたので、ここで一部を紹介させて頂きます。

『この度、珈琲倶楽部船倉様のトータルブランディングをさせていただきました。2019年11月にご縁をいただき、じっくりとお話を重ね続け、時期を待ち、ついに2020年12月のギフトシーズンに新しいロゴ、ロゴマークをあしらったパッケージやギフトセットと共にお目見えすることが出来ました。     
珈琲倶楽部船倉様は、ドイツ・プロバット製の焙煎機で、毎日「ありがとう」と豆に語り続けながら珈琲を焙煎され、美味しい珈琲を淹れて下さるマスターの盛栄様、そして、「皆様に幸せを届けたい」と細やかにお心遣いされながら、日々社長業をこなされる三千代様の「阿吽の呼吸」が絶妙のご夫妻が営まれています。
女性のお客様はもちろん、制服姿の学生さんやスーツ姿のビジネスマンもくつろぎながら、美味しい珈琲を堪能出来る、レトロモダンで居心地の良いお店の佇まいにふさわしい、そして、遠方のお客様からも高いリピート率を誇る味と品質の高さをいかに伝えるか。
その視点を大切に新しいロゴ、ロゴマーク、そしてパッケージデザインが生まれました。
船倉様ご夫妻は「デザイン、トータルブランディングの重要性」をとても良くご理解下さった上、物事の捉え方など私共が大切にしていることを同じように大切になさっている共通点もあり意思の疎通も早く、限られた時間の中で驚くほどスムーズにプロジェクトが進展しました。
とても意欲的なお二方と共に、まだまだこれからも進化を続けます!
今回も素晴らしいご縁をいただき、心より感謝申し上げます』

KATALSEVEN様ご夫婦には「ブランド構築」のみならず、多くを学ばさせていただいております。
私共についてのコメントでは過大に評価して下さっているところもありますが、それに相応するよう、
スタッフと共に「喜んで頂く店づくり」をさらに進化させる所存でおります。
ありがとうございます。

関連記事